女子大学生りーさんのblog

フランス語、留学、大学生活、バレエ、HSP、お気に入りの本、雑談...などなど笑

【留学】バレエ留学の経験談

今回は、バレエ留学経験についてシェアします!

こんにちは、フランス語を学ぶ女子大学生、りーさんです。

今回は、私の留学経験について簡単に紹介します。

(以下、私の個人的な体験談です。)

 

自己紹介の記事や前回の香水の記事で、少し書いていたのですが、

私は、中学、高校の期間で3度、バレエ留学をしました。

 

年表っぽくにすると、

中学校1年生:アメリカへバレエ留学(6週間)

中学校2年生:アメリカへバレエ留学(3週間)

中学校3年生~高校2年生:フランスへバレエ留学(2年4か月ほど)

 

いずれも、家族は日本にいたまま、単身で海外へ行きました。

 

留学には、いろいろなタイプがありますが、

私は、バレエを本格的に学ぶために留学しました。

 

バレエ留学の場合は、誰もが自由に参加できるのではなく、

留学参加権、もしくは入学許可を取得する必要がありました。

 

私が経験したものだと、

・オーディション用ビデオをバレエ学校に送り、権利を得る。

・コンクールに参加し、賞として留学の権利を得る。

・ディレクターが来日した際に、オーデイションを受けて権利を得る。

などなどでした。

 

それぞれの留学について、さら~っと簡単に経緯を紹介します。

(詳しくは後日、留学した感想なども含めて書いていきます!)

 

 

 

<中学1年の短期アメリカ留学>

中学1年の6月中盤から夏休みの期間にかけて、ワシントンのバレエ学校に留学。

私にとって初めての海外でした。

バレエ学校の中に寮があり、ダンサー用の食事なども用意されていました。

 

この留学の前に、日本でオーディションがあり、

バレエ学校の校長先生に留学の許可をいただきました。

 

 

<中学2年の短期アメリカ留学>

中2の夏休みに3週間ほど、カリフォルニアにバレエ留学。

人生2度目の海外は、またもやアメリカでした(笑)

ここで人生初めてのディズニーランド(LA)に行けることになります!笑

(ちなみに20歳にして東京ディズニ―ランドには行ったことがありません)

こちらも寮生活でしたが、カフェテリアなどの施設はダンサー以外も利用していました。なので、かなりカロリー高めの食事を食べていました。

 

中学1年の時にバレエコンクールに出場した際に、校長先生に選んでいただき、

留学の権利をいただくことができました。

 

 

<フランスへ長期留学>

南フランス、マルセイユに約2年4か月間のバレエ留学。

中3の9月から、高校2年の12月まで長期留学をしました。(夏休みのみ帰国)

私にとって、初めてのヨーロッパでした。

フランス語を全く話せず、理解できず、大苦戦!!!

ここでは、バレエ学校の生徒として、

本格的なフランスの学業、ダンスレッスン、を経験しました。

学業は現地の中学の最終学年生と高校1、2年生として、励んでいました。

 

これまでの留学と大きく違うのは、ホームステイをしたことです。

 

フランス留学中は特に書きたいことが多すぎるぐらい、

色々なことがありました。(ので、また書きます)

 

この留学は、日本でオーディションを受け、

バレエ学校の校長先生にバレエ学校の入学許可をいただきました。

 

 

 

<おまけ>

これらの留学を終えた後、

日本の高校に学年を1つ落として編入学したのですが、

その高校の修学旅行で、マレーシアに行きました!

これにより、アメリカ大陸、ヨーロッパ、アジアの国に行ったことになります。

 

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

私がそれぞれの留学で経験したこと、私の留学への考えについて、

今後もっと詳しくお話したいと思います。

 

では、また!